寝起きの口臭はストレスで!

寝起きの口臭はストレスが原因かもしれません。
MENU

寝起きの口臭はストレスが原因だった?

 

寝起きの口臭がやたらひどくて困っているという方!

 

もしかしたらその原因はストレスが関わっているかもしれません。

 

 

というのも胃の調子が悪くなることで
寝起きの口臭が強くなる人が結構いるからです。

 

 

そんな中で蓄積されたストレスは胃に負担をかける場合があり、
はたらきが悪くなった胃は、消化不良を起こして、大分前に食べたもの
でもなかなか消化されなくなってしまいます。

 

消化に時間がかかるということは、
食べたものが長く胃にとどまり、次第に発酵し始めて、
口臭の原因となる酪酸菌が大量に発生するため、
それが悪臭のもととなり寝起きに口臭が強くなることになります。

 

 

また家事や育児、仕事などで日々ストレスがたまっている人も
多いかもしれませんが、そうなると自律神経の働きが乱れ、
自立神経失調症による不眠症になります。

 

それによってさらにストレスが蓄積されるため、
さらに胃の調子が悪くなってしまうという悪循環にも陥ります。

 

 

このように胃というのは口臭の原因として
切り離せないものであり、さらにその主な原因となるものが
ストレスというお話でした。

 

 

ストレス社会という昨今ですが、
このストレスを少しでも解消して寝起きの口臭を解決しないと
人によっては負のスパイラルに陥ってしまうということなので
皆さんも意識して改善に取り組んでみてくださいね!

 

このページの先頭へ
クレジットカードの保険について