歳をとると口臭が発生するのはなぜ?!

歳をとると口臭がきつくなるのは誰でも同じ!3つの原因を紹介します。
MENU

歳をとると出る口臭の原因とは?!

口臭を気にする老人

 

歳をとると気になりはじめることはたくさんありますが、
特に注意したいのは口臭!これは周りの人に対しても影響を与える
可能性のあることですしね〜

 

ただ、歳をとると誰であっても加齢臭の一種として多少の口臭は発生するものです!

 

口臭の原因は虫歯や歯周病等が関連しているケースも多いようですが、
特に歳をとることで発生する口臭の原因は大きく分けると3つあると考えられます。

 

歳をとると唾液の分泌量が減少する

歳をとると一般的に分泌される唾液の量は減るといわれます。

 

年齢と唾液量の相関図

 

唾液は口内衛生の維持に極めて重要な役割を担っています。
唾液は口の中を循環して口の中の食べかすや雑菌を洗い流したり、
雑菌を殺菌するはたらきをもっています。

 

唾液が減るということはそういった効果が弱くなり、
口内雑菌が増えて、雑菌による口臭が発生しやすくなってしまうのです。

 

特に寝起きは年齢に関わらず唾液が生理的に減るので、
そのタイミングは特に口臭に注意が必要かもしれません。

 

歳をとると歯周病のリスクUP

@の唾液の量に関連しているのですが、歳をとると歯周病のリスクが上がるのも
口臭がきつくなる原因の1つだと考えられます。

 

もちろん、普段の歯磨きなんかは必須ですが、加えて唾液が循環している
ことで、歯周病のリスクはかなり低減できるからです。

 

歳をとると腸内環境が悪くなる

歳をとると一般的に腸内環境が悪くなるといわれます。
腸内環境が悪くなるというのは腸内に存在する善玉菌と悪玉菌の
バランスが崩れて、悪玉菌の方が数的に優位になる状態を指します。

 

悪玉菌は代謝によって悪臭を作り出す性質があるため、
その悪臭が体を巡りに巡った末に口臭となってしまうようです。

 

 

 

どうでしょうか?!
上記のように歳をとるとある程度は口臭が出やすくなるのは
人の体の仕組み的にしょうがないのかもしれません。

 

ただ、だからこそこれまで以上にできる口臭対策はやっておかない
とどこまでも口臭はひどくなってしまいかねません!

 

歳をとったからと言ってあきらめずできる範囲で口臭ケアには努めておきたいところです(^^)

 

>>>寝起きの口臭を克服した私の体験談とは?!

 

このページの先頭へ
クレジットカードの保険について